あなたの症状に最適な施術をおこないます あなたの症状に最適な施術をおこないます

ヘルニアのときの楽な寝方と寝る方法について埼玉県狭山市の整体師が解説

  目次

寝ているだけで腰が痛くなる理由

痛みを出さないで寝る方法

ヘルニアで腰が痛くならないように寝るための準備

ヘルニアの時の楽な寝方

まとめ

 

ヘルニアになり病院にいくと、歩くなどの運動はせずにまずは安静にして寝ててくださいと言われたのではないでしょうか。

しかし、いざ安静にして寝ていても「痛くてずっと横になれない」とか、「腰の激痛や痺れで夜も眠れない」なんていう辛い日々を過ごしていると思います。

そのような辛い日々をなくせるように埼玉県狭山市の整体師がヘルニアのときの楽な寝方・寝る方法について解説します。

 寝ているだけで腰が痛くなる理由

はじめにヘルニアになって寝ているだけで痛みがでる理由について解説します。

ヘルニアのとき寝ているだけで痛くなるのは、寝てる姿勢が神経を圧迫して炎症状態を悪化させてしまうので痛くなります。

椎間板に神経が圧迫されてしまう寝る姿勢をしていると、神経自体がさらに腫れて動くだけで激痛がでます。ヘルニアの時に足がしびれて眠れないということも、寝てる姿勢で神経の圧迫がきつくなっているからです。

痛みとしびれを無くして寝るようにするには、神経の圧迫を防いで寝るしかありません。

痛みを出さないで寝る方法

次に、ヘルニアのときに痛みが出ないで寝る方法について解説します。

ヘルニアのときに「腰に痛み」や「足に痺れ」が出ないように寝るにはヘルニアの部分を圧迫させないことを第一に考えるようにしてください。

ヘルニアの部分圧迫とは、

①寝ている姿勢による患部の圧迫

②直接患部を圧迫してしまう。

2種類があります。この2種類の圧迫されてることをやめると痛みが和らぎます。

1つ目

姿勢による圧迫とは、寝てる姿勢で骨盤が前傾に傾き神経を圧迫してしまうことです。骨盤が前傾になると

神経を圧迫してしまう理由は、寝ている時、骨盤前傾する姿勢をとると腰椎が前弯(曲がり)が大きくなり神経を圧迫して痛みが増してしまいます。

神経を圧迫しないように骨盤を中間位か後傾になる姿勢で寝ると、腰椎の前傾がなくなり、神経圧迫せず眠れるようになります。

2つ目

直接患部を圧迫するというのは、ヘルニアになっている部位を押さえ続けてしまう寝方です。上向きの姿勢のことをいいます。

患部を布団で圧迫すると筋肉で神経の圧迫を強め炎症を悪化させてしまいます。

極力圧迫する時間を短くするようにしてください。

圧迫を短くする方法は30分に1度寝返りするようにしてください。この時ご家族や一緒に住んでいる

友人など助けてくれる人がいるなら寝返りを助けてもらうようにすると痛みもマシに寝返りできるようになります。

1人で寝ている場合は手の届くところに傘など用意しておくと起き上がる際や寝返りする際に使えるので置いておくことをオススメします。

注意:寝返りができないくらい痛い場合は患部を20分間アイシングしてください。患部の炎症が一時的に引けば体が動くようになります。

ヘルニアで腰が痛くならないように寝るための準備

次はヘルニアのときに楽に寝るための準備について解説します。

ヘルニアで楽に寝るようにするには、柔らかい低反発のような沈み込む寝具ではなく、畳やマットレスのような硬くて少しクッションがあるようなものの上で寝るようにしてください。

ヘルニアの時は柔らかい寝具や低反発のような沈み込むもので寝ると、寝具からの反発がなく体が沈んでしまうようになります。

また、反発寝具で寝ることにより寝返りによる起き上がりも楽にできるようになります。

ポイント:可能ならば畳ぐらいの硬さのマットレスの上に布団を引いて寝ることをおすすめします。

起き上がるときにベッドだと痛みが少なく起き上がれるからです。

ヘルニアの時の楽な寝方

ここからは楽に寝る姿勢について解説していきます。

楽に寝る寝方は3つあります。1つめは横向けで2つ目は仰向けです。3つ目がタオルをお腹に引いたうつ伏せです。まず初めに横向きの楽な寝方から解説します。

注意:ずっと同じ姿勢でいると痛みがでやすくなります。横向けと仰向け、うつ伏せといろんな寝方をしてください。

2パターンの横向きでの楽な寝方

まずは横向きで寝る寝方を解説します。

ヘルニアになったときは患部の圧迫もないし骨盤の後傾を作りやすいので横向きが一番オススメの寝方です。すでに横向きになっても痛いという人はクッションやタオルを使って少し工夫するだけで楽に寝れるようになります。

2つ目の楽な横向きの寝方

はじめに痛いほうを上にして横向きで寝てください。

次に両足の間にクッションやタオルを挟むようにしてください。このときのポイントは膝を曲げて挟むことです。膝を曲げることで骨盤が後傾してくれます。

膝を90度曲げることによりお尻から背中にかけて丸くなるので神経の圧迫を無くしてくれる姿勢になります。

注意:この寝方でも痛みが引かない場合は、この姿勢のまま患部を20分間アイシングしてください。

次に仰向けで楽に寝る方法を解説します。仰向けの場合もクッションやタオルを使うと楽に寝れます。1つ目の楽に仰向けで寝る方法は下の通りです。

膝の下にクッションかタオルを入れてください。この姿勢をつくることにより骨盤が前傾から中間位に代わり神経の圧迫がましになります。

2つ目の楽な上向きの寝方

上記の上向きの寝方でも痛い場合は下の寝方をしてください。さらに骨盤を後傾にして神経の圧迫を防ぐ寝方になります。

足先(アキレス腱より少し上)の方にクッションを入れて足をあげて下さい。こうすることで骨盤が後傾になり神経の圧迫を無くしてくれます。

足を上げる高さは10センチから30センチまでにしてください。このときもクッションがなければ固めのタオルで代用しても大丈夫です。

最後にうつ伏せで楽に寝る方法を解説します。うつ伏せは寝方を間違えると骨盤が前傾になるので最も腰を痛めてしまう寝方です。

うつ伏せで寝たい場合はお腹の下にタオルを引いて骨盤を後傾にすると痛みなく寝れるようになります。

方法は下記の通りです。

タオルをお腹とベッドの間に挟んでください。挟む場所はへそがタオルの中間にくるようにしてもらえると大丈夫です。

この寝方で枕を使うと腰が反ってしまい痛みがでてしまいます。枕は使わないでください。足先にクッションを置いて足を上げる行為も腰が反ってしまうようになるのでやめてください。

この寝方でのポイントはタオルを挟んだところを中心として「くの字」を作ることです。「くの字」になると神経を圧迫することが出来なくなります。

注意:タオルをお腹に引いて寝た場合も少しでも痛みがでればすぐに横向きになってアイシングしてください。そのまま寝ていると筋肉が固まって動けなくなる恐れがあるからです。

まとめ

ヘルニアで痛くて眠れないときは、骨盤が後傾になる寝方で寝てください。さらにこまめに寝返りをすることで患部を圧迫する時間も短くなり、痛みなく寝れるようにれする有効な手段の1つです。

そのために寝具も畳の上に布団を引いたり、畳と同じ硬さのマットレスの上で寝るようにしてください。

しかし、何をしても痛くて寝れない場合は、痛い方の腰を上にして横向きになり20分間アイスバッグでアイシングすることをオススメします。

埼玉県狭山市の整体院では、寝れないくらいのヘルニアは1時間に1度20分間のアイシングを痛みが取れるまで行うようにアドバイスしています。

痛みが取れてきたら当院独自の骨盤矯正で神経の圧迫しない骨盤を作り良い姿勢にしていくようにします。

家ではしないでほしい運動や家事、歩行のアドバイスをして再発しないようにサポートさせていただいています。