あなたの症状に最適な施術をおこないます あなたの症状に最適な施術をおこないます

腰痛

腰痛が良くならない理由

腰痛の85%は原因不明と知っていましたか?

腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・分離症など、、、、

これらを総称して腰痛と呼びます。

腰痛の原因

腰痛の原因は、急な動きをしたときに筋肉が傷つくことや、腰周囲の筋肉が疲労して凝り固まること、長時間背骨に負担がかかること、加齢などにより骨が変形したりすることなどが挙げられます。

そのため、腰痛が発生する原因は分からないケースが多いのです。「腰痛診療ガイドライン」(日本整形外科学会・日本腰痛学会 2012年)には「原因がない腰痛の85%は正確な診断が困難」と記載され、整形外科医もこの事実を認めているのです。

 

なかなか腰痛が治らない方へ

”もしかして、あなたは湿布やサプリメントで腰痛が治るなんて思っていませんか?”

あなたは今まで腰に対して、マッサージや電気療法、牽引に何回も通い、病院や治療院を歩きわたり、施術を受けてきたことでしょう。

「果たして、それで腰痛は改善しましたか?」

おそらく答えは「いいえ」・・・ですね。

でも安心して下さい!

今まで慢性腰痛が良くならなかったのは、決してあなたのせいでもなく、あなたの体が悪いわけではありません。

腰痛の事例

「それなら、その解決方法を教えてください!」

腰痛を改善するためには、まずしっかりあなたの体の状態を調べ、その原因を見つけ出し、その原因部位に対して適切な施術をすることが重要になります。

例えば私の多くの臨床経験の中にこんな事例がありました。

Kさんは、長年の腰痛に悩んでいました。

あるとき、TVの番組で腰痛改善には姿勢を良くすることが大事だと聞き、それ以来、背筋を伸ばし日常生活を送っていました。

ところが、ある日、洗面台で歯磨きをしようと思ったら「グキッ」と腰に激痛が走り、動けなくなり、歩けなくなりました。

Kさんは、背筋を伸ばしすぎ体の前にある筋肉を使いすぎ、結果として、動けなくなるほどの腰痛となってしまいました。

Kさんの原因は、腰そのものではなく、腰の前にある筋肉が原因でした。

つまり、しっかり原因を追究して、この筋肉(原因)を施術することでKさんは腰の痛みとサヨナラすることができました。あなたもKさんと同じように、私と一緒に痛みの原因を探して腰痛とサヨナラしませんか。

 

腰痛とは?

腰痛に悩まされている方は1000万人とも3000万人ともいわれ一生の間に80%の人は腰痛を経験するといわれています。

最近は若い方から高齢者の方まで幅広くみられるようになりました。

症状は様々で「腰が重い、だるい」「仕事をすると痛む」「寝ていても痛む」などがあります。

ストレスとの関連性もいわれています。

 

     

      

    朝一番腰が伸びない

    腰が張ってくる。

    立ったり坐ったりが腰痛できつい。

    動かすと腰が痛い

    じっと座っていると腰が張ってくる。

    立っていると腰が重くなる、また腰が痛くなってくる。

    臀部から足にかけて痛みやしびれがある。

    動かすと腰が痛い。

    常時腰痛があり、特に歩き始めがつらい。

    寝ていてもズキン・ズキンといやな腰痛がある。(夜間痛)

    腰が抜けるような痛み。

    腰から上半身にかけて症状がある。

    朝、腰に鈍痛がある。

    重いものを持ったとき腰にくる。

    腰痛で車の運転がきつい。などなど・・・

  

  あなたの腰痛が良くならない以外な理由

今まで腰痛をよくしようと、牽引や電気治療を受けたり、湿布、ブロック注射、痛み止めしたり、自分自身でも、体操やストレッチ、友人からの勧めでサプリメントや健康食品を摂ったりいろいろと努力されてきたと思います。

 

それでも良くならなかったのなぜでしょう?

答えは簡単です。

本当の原因にアプローチする施術をしていないからです。

整形外科、整骨院、整体、クイックマッサージ・・・まじめに通い続けたのによくならないのはあなたのせいではありません。

レントゲンやMRI、その他の検査でも異常がみられない。接骨院も整体も真面目に通って治療した。それでもなかなかよくならない腰痛の原因の場合、インナーマッスル(体の深い部分の筋肉)が原因となっています。

従来の治療法では、骨盤牽引や電気治療では表面の浅い筋肉しかほぐせません、普通のマッサージ整体も同様です。

体の深い部分の筋肉にはアプローチしてこなかったためにあなたの腰痛は改善しなかったり、表面の筋肉しかほぐしてこなかったので、一時的にしか良くならなかったのです。